5月8日と9日の進学EXPOで進学費用のセミナーをします

「まだこれだけかかる進学費用〜ためる・かりる・タダにする〜」
のセミナーを今月も進学EXPOでさせていただくことになりました。

今回は理工・医療系のEXPOです。

5月8日(土)は横浜そごう9F新都心ホールで、
9日(日)は秋葉原コンベンションホールであります。
どちらも13:30〜14:30です。

理工系も医療系も文系に比べて学費が高いです。

首都圏の大学で調べてみると、私立理工系は4年間で約600万円です。
私立文系が4年間で約350万円ですから、その差は大きいです。
理工系は実験のためにアルバイトも限られると聞きますから、学費の工面は大変です。
計画的に費用の準備をしておきたいものです。

医学部にかかる学費は別格ですね。
初年度納付金が1000万円近く、6年間では3000万円を越えます。
金額があまりに大きいと思考停止に陥ってしまいますが、正面から考えてみました。
これをどうやって工面するか、ケーススタディを入れてお話します。

どれくらいの費用が準備できていれば大丈夫なのか、奨学金はどれくらい受けられるのかなど、保護者として事前に知っておきたいことをお伝えできればと思います。
受験生、高校生の方も聞きにきてくれたら嬉しいです。
お待ちしています。


セミナー講師・執筆のご案内

寄稿しているマネーの達人でアクセスランキング一位をいただいたのを記念してこの素敵なバナーを作っていただいて、掲載していただききました。 ↓


 

 

セミナー講師のご案内         → 執筆のご案内はこちら


現在ご依頼の中で多いテーマは「大学進学のマネープラン」についてです。
きっかけは廣告社さんの『大学進学早分かりBOOK』でいくつかのプランをご紹介したことでした。
その後多くのイベントでお話しさせていただき、
その会場にいた高校の先生からご依頼をいただいて高校でもセミナーをして……
という大変ありがたいお仕事をさせていただいています。

これまでにセミナーや講演のご依頼をいただいた高校やイベントの開催地は
青森県
秋田県
岩手県
宮城県
福島県
千葉県
埼玉県
東京都
神奈川県
です。首都圏が多いのですが、東北にもずいぶん行かせていただいています。
あらためて書いてみると広いですね。


マイホームを買うときも
ライフプランを立てるときも
将来の教育費をどう準備するか?が皆さん気になっています。

ということは、教育費を考えることによって
人生設計が立てやすくなる、つまりライフプランが自ずと見えてくるのです。

ですから私のセミナーは教育費だけ、ということはありません(^^)
マイホーム購入やセカンドライフの資金計画、女性のマネープランなどの
テーマでもお話しさせていただいています。

セミナーは、プロジェクタでもホワイトボードでも黒板でも、会場に合わせて行います。
保護者護者向け講演会や確定拠出年金の投資教育としてもお役立ていただけましたら幸いです。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込みはこちらからメール 


【2014年 教育費以外のセミナー実績】
住宅金融支援機構主催 「住宅ローンの選び方」
三井住友銀行主催   「これからの生き方セミナー」(老後資金)
セキスイハイム東北主催「がんばれ主婦 ライフ&マネー対策」
など

【2013年以前 教育費以外のセミナーテーマ
「401kポートフォリオを作る」
「まだこれだけかかる進学費用〜ためる・かりる・タダにする」
「住宅ローンあんしん返済術」
「マイホームの資金計画 」
「家づくりの諸費用 」
「生命保険のセルフメンテナンス 」
など

セミナー


セミナー



【森田和子 プロフィール】

大学卒業後、コンピュータソフト会社、生命保険会社勤務を経て
1999年にFPオフィス・モリタ開業。

一級ファイナンシャル・プランニング技能士。
CFP(R)認定者。
DCA(金融検定協会認定 確定拠出年金アドバイザー)
WAFP関東(女性FPの会)会員

日本FP協会のホームページから「森田和子」で検索していただくこともできます。)



 

執筆のご案内

〜 webでも紙媒体でも多数執筆しております。お気軽にお問い合わせください 〜

お問い合わせ・お申し込みはこちらからメール

【マネーの達人に寄稿しています】
マネーに関する情報サイト”マネーの達人”に寄稿させていただいた記事が
2014年8月のアクセスランキングで1位をいただきました!
こちらの記事です(^^)
↓↓
「夫婦で住宅ローンを組んだ時こそ生命保険に注意 団信のみは危険」
http://manetatsu.com/2014/05/31200/


【kindle本ができました 〜スマホでも読めます〜】

『はじめて家を買うあなたがFPにお金の相談をすると聞かれる8つのこと
〜マイホームのお金で苦労させないためにファイナンシャル・プランナーはこんな質問をしています〜』
(kindke版)2014年5月


【リレー執筆連載中です】
衒欷姥Φ羹蝓悒ぅ鵐轡絅▲薀鵐浩己殀如
〜〜 昨年11月の4495号からの転載です 〜〜
→   「お尋ねが来た」


完全図解 暮らしとお金の基本百科 マネー大安心』(講談社 日下 公人・鳥越 俊太郎監修 ) 2007年10月

・5章「医療と介護にかかるお金」執筆担当

『住宅ローン完全ガイド』(ソフトバンククリエイティブ) 2007年10月
・「マイホームを買えば、わが家の保険も変わる」執筆担当

【その他の執筆・寄稿・監修】
『月刊ライト』(保険銀行日報社 )
『いいすまい いいえがお』(NTTビジネスアソシエ)
『からだにいいこと』(祥伝社)
『Mart』(光文社)
『あるじゃん』(オールアバウト)
『大学進学早分かりBOOK』(廣告社)
『月刊がん』(日本医療情報出版) 
『ヨミウリウィークリー』(読売新聞社)
『ベストプランナー』(セールス手帖社保険FPS研究所)
日経新聞
   など

家計シミュレーションソフト『ホームFP』紹介の掲載
『ホーム・ピーシー』(ディジット)
『インターネットスタート』(毎日コミュニケーションズ)



相談室ご利用者の声

FPオフィス・モリタの相談室をご利用いただいた方から

お寄せいただいた感想をご紹介します。


メールで面談の打診をした当初から、とても親身な返信をいただいて、それがすごくほっとしました。私はライフプラン全般について、ローンのこと、医療保険のこと、家計のこと等をご相談しました。

まず、相談のために自分がいま抱えている問題を整理する機会をもてたことがとてもよかったです。もっと早く相談していれば、と思ってしまいました。

また、相談してみて、森田さんから家計・貯蓄のことや、保険のことなど、私の金銭状況から具体的で可能な貯蓄目標を示していただいたり、具体的な保障の必要額などの目安を示していただけたのがよかったです。自分の状況を知ったうえでのアドバイスをいただけると、がぜんやる気が違う感じです。

また、単純に損得からだけの正解を示されるという感じではなく、ひとつひとつ、私の気持ちに添いつつ一緒に考えていただいている感じがして、すごく安心できました。

なにより、問題に自分が向き合えるようになって、自分の判断の基準がもてるようになったのがよかったです。できるだけ早い年齢でマネープランを考える機会をもてばよかったとつくづく感じました。ありがとうございました!(^^)
        (面談でのご利用  東京都Kさんより)


住宅取得のアドバイスを受けました。社宅暮らしでのんびり過ごしていたのでロ−ン、教育費、老後資金のバランスがつかめなかったのですが、相談を受けてかなりはっきりしました。住宅取得しか考えていなかったのですが、賃貸のメリットなど選択肢も増えました。今回のアドバイスをもとに我が家にとって何がベストなのかを見極めていきたいと思います。ありがとうございました。
        (面談でのご利用  東京都Tさんより)


住宅ローン借り換えと、生命保険を含む各種の保険のことを相談しました。ローン借り換えに関してはデメリットと注意点の指摘など、保険については補償額の不足や不要部分の確認ができ、現状を踏まえてよさそうなものを紹介してもらいました。質問シートへの回答で結果的に家計の見直しもでき、思い切って、相談してよかったと思っております。面談後も何度もメールで疑問点などを教えていただきました。ありがとうございます。
        (面談でのご利用  横浜市Aさんより)



セミナーのご案内

企業様向け研修のご案内

categories

kindle本のご案内
  スマホでも読めます

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

リンクパートナー

その名の通り"建て主の味方"になる家づくり代行サービスにFPとして参加しています↓
専門家が家づくりを代行 安心の家づくりとコスト削減をお約束

マネーコラムを寄稿しています↓

selected entries

archives

links

profile

書いた記事数:214 最後に更新した日:2018/08/17

search this site.

others

mobile

qrcode